婚約の特徴を検証

今回のお話は“婚約をする人の特徴”についてです。そもそも婚約とは結婚の約束をする事であり、約束の取り付け方はその人の考え方や習慣、文化、はたまた男女別のとらえ方から民族思想にいたるまで、それぞれの影響を色濃く受けながら、多種多様なスタイルを貫いています。日本ではどちらかと言えば婚約よりも結婚の方に重きをおいている関係上、法律でも正式な結婚に関しての規約がしっかりと定められています。

婚約に関する法律もあるにはあるのですが、結婚ほどのしばりはなく口約束でも成立するのが実際のところです。日本に古くから家と家の契約という形で継承されてきた“結納”が、和製婚約式と言ってよいでしょう。海外ではどのようにとらえられているかを見ていくと、その定義からキリスト教文化の強い影響を見る事ができます。ほぼ全ヨーロッパと欧米の一部を網羅しているカトリック文化では、婚約に結婚同等の拘束力を与えています。婚約式や婚約誓約書等が存在している事からもうかがえます。これはカトリックの次に多い正教文化でも正式な婚約の義を経て夫婦とみなされる点は同じです。

日本を含むアジア圏にも影響力が少しずつ浸透してきていますから、婚約パーティを開いたり婚約指輪を贈るなど、従来とは違う愛の証明がされるようになりました。

外部サイト→婚約指輪の販売店「ガラ おかちまち」
低価格で高品質の婚約指輪を取扱っている老舗メーカーです。

それに伴い婚約したいタイプ、婚約したくないタイプというのが若い男女の間で分かれてきています。こうしたちまたでの話題に翻弄されるのは好ましいとは言い難いのですが、健全な人間関係を築く上で多少参考になる部分がある事は否定できません。