婚約から得るものとは

婚約はとどのつまり結婚の予約をする事であり、多種多様な形で周囲に告知をしていく事で結婚までの足固めができますから、好きな異性が第三者に奪われる不安から多少でも解放される、いわば精神安定のような効果を期待できるのが婚約から得られる大きなメリットです。特に女性は男性からの“婚約のお誘い”つまりプロポーズを心待ちにしている事が多いです。

男性以上に結婚しない事への世間の風当たりを強く受けやすい影響もあるでしょう。一方で男性は征服欲や支配欲が女性以上に強い事から、好きな女性との婚約履行を求めて来るケースも多いです。男性はどのような女性との婚約を希望するかといったアンケートで、上司や友人に自慢できる女性、一緒に歩いて恥ずかしくない女性というように、仕事や社会的地位を背景においた選択をする男性が多いとのデーターを出していました。子孫を残したいという本能の部分での欲求も強いですから健康的であるのと同時に、生殖機能が強い女性も歓迎されます。女性は年収が高くて一生涯養ってくれる男性や、イクメンという言葉が流行したように自分を大事にしてくれるタイプの男性に惹かれる傾向も見られます。

いずれの場合であっても精神的癒しを求めている点で共通しています。少しでも理想に近い相手を見つけたなら、ライバルに奪われないうちに結婚の予約をとりつけたいと思うのは自然ですが、相手に重たく思われない配慮も必要です。